佐賀県鳥栖市の観光イベント案内

あなたも"とりこ"のとりこどん

鳥栖市は「鳥の栖(すみか)」と書き、昔から鳥の多い地域です。
九州新幹線「新鳥栖駅」開業を記念に名物料理となった"とりこどん"は、鳥栖市内の約20店舗で食べられるようになりました。
"とりこどん"のルールは簡単。「鶏肉」と「卵」を使うこと。
中華風や、パスタ、ピザ、うどんなど、それぞれの飲食店の特徴が生かされた「とりこどん」。
それぞれの店舗こだわりのとりこどんをご紹介します!
 
 

とりこどんレポートその3

サンドでいただく "とりこどん"
Pan家 篇

列車を眺めながらとりこどんサンドイッチ Pan家
サンメッセ鳥栖の1階にあるレストラン「Pan家」(本鳥栖町)。近くにはJR鳥栖駅とサガン鳥栖のホームスタジアム ベストアメニティスタジアムがあります。
「サンドイッチとりこどん(980円)」は店主が毎朝作る食パンに、ふっくら柔らかく焼いた鶏肉、卵、ベーコン、トマト、レタスと入りボリュームたっぷりのサンドイッチです。
2004年にオープン。それまではパン屋を営んでいた店主。いくつものバターを使い、試作を重ねてたどりついたカルピスバターで作った食パンと中の具材は相性抜群です。
窓際の席からは列車を眺めながら食事を楽しめます。
 
 

 

 
 
サンドで楽しむとりこどん 980円

 

とりこどんレポートその2

天ぷらでいただく "とりこどん"
海老名 篇

県道17号線沿いの天ぷら専門の和食店。
昭和49年創業。
落ち着いた雰囲気の店内で、天ぷらの揚げる音が心地よい。
店主が市場へ足を運び自ら厳選した旬の食材を使用し、油にもこだわる。
 鳥の巣ごもりをイメージしたとりこどん。県内産のご飯の上には、鳥の巣に見立てた野菜の天ぷらを敷きつめる。サクサクの衣に中はジューシーな鶏肉。ゆでた卵を裏ごしし、味付けして卵の形にした卵の天ぷら。春は地元産のウドやタラの芽と、季節ごとに変わる旬の野菜が香りと食感を一層引き立て、タレが絶妙なバランスを生み出してます。赤だし付き。
 
 

 

 
 
天ぷらで楽しむとりこどん 972円

 

とりこどんレポートその1

中華でいただく "とりこどん"
光林飯店 篇

 
佐賀県産ふもと鶏を数時間煮込んで、それをふっくら玉子でとじ込め、その上にトロ~リあんをたっぷりかけた艶々の「とりこどん」。最初はあんを絡めていただきま~す!
残り半分くらいになったら、付け合わせの鶏ガラスープを思い切りとりこどんにかけて更に美味しく、違った味で2度楽しめます。
こだわりのごはんは、九千部山系のふもとで種まきから精米まで愛情たっぷりに手をかけた自家栽培米100パーセント使用してます。天然活性イオン水でよりふっくらとつややかに炊き上がってます!
土日祝日は、お電話を0942(83)1234。
 

 

 
光林飯店のとりこどん 756円スープ付き

鳥栖市内でとりこどんが食べられるお店