HOME | 路線下のギャラリーⅡ
 
 

路線下のギャラリーⅡ

線路下のギャラリー
「鳥栖駅130年の歴史展」

 1889年12月11日、九州鉄道博多~千歳川(ちとせがわ=現在の筑後川)仮駅間が開通し、鳥栖駅が130年前に開業。開業当時の駅舎(えきしゃ)は現在よりも南方向の瓜生野新町(現在の東町3丁目)にありました。1903年7月に八代線(鹿児島本線となるのは1909年)から、長崎線(本線と改称されるのは1909年)を鳥栖駅から分割(ぶんかつ)・連結(れんけつ)方式で発車させるため、機関車庫や運輸事務所・保線事務所などが必要となり、広い敷地をもとめて現在地へ移ってきました。  
 現在、私たちが目にする駅舎はその時建てられたもので、屋根の瓦がスレート葺きに変わりましたが、駅舎本体はその当時のまま残っています。したがって長い間、鳥栖地域と鳥栖に住む人々や、鳥栖駅を通過する人々を見つめてきました。鳥栖駅は「交通要衝(ようしょう)の町・鳥栖」を象徴するだけではなく、私たちの生活史を語る記念物ともいえます。
鳥栖駅開業130年記念を契機に、その歴史をふり返ってみました、どうぞご覧ください。

鳥栖駅130年の歴史を
27枚のパネルで振り返ります。

 

  1. はじめに-鳥栖駅開業130年
  2. 九州鉄道の開業に至るまで 
  3. 鳥栖駅の開業と新築移転
  4. 鳥栖駅の移転時に八坂甚八翁が大きく貢献
  5. 機関車庫・操車場(ヤード)・坂阜(ハンプ)の開設
  6. 操車場(ヤード)・坂阜(ハンプ)の開設
  7. 片倉製糸と日清製粉の進出
  8. 大型「自動給炭塔」の設置
  9. 太平洋戦争と鳥栖駅
  10. 鳥栖駅機関区に配属された蒸気機関車たち
  11. 鳥栖市の近代化遺産、268号機関車
  12. 港(ジャンクション)の要・鳥栖機関区
  13. 機関車庫と転車台
  14. 鳥栖機関区の象徴・自動給炭塔
  15. 坂阜(ハンプ)と操車場(ヤード)
  16. 坂阜(ハンプ)と操車場(ヤード)の仕分け作業
  17. ライトに浮かぶ坂阜(ハンプ)と操車場(ヤード)作業 
  18. 鳥栖駅及び機関区構内図(昭和29年5月1日現在)
  19. 鳥栖駅舎とプラットホーム
  20. 鳥栖駅前と周辺の風景の変遷
  21. 鳥栖駅前と周辺の風景の変遷
  22. モータリゼーション‐鉄道の町から交通要衝の町へ
  23. 長崎本線高架化と蒸気機関車の終焉 
  24. 蒸気機関車から電化そして民営化
  25. 鳥栖駅周辺整備への流れ
  26. 現在の鳥栖駅周辺
  27. 新幹線新鳥栖駅の開業

展示パネル(抜粋)


 

 

 

随時展示中  駅内入場料170円